Archive for the ‘未分類’ Category

返却手続きの流れについて

旅先でレンタカーを借りた場合、予定が全て終了したら必ず借りた車両は返却しなければなりません。
車両を返す手続きを順に述べると、まず到着先の営業所に近いガソリンスタンド、もしくは業者が指定したガソリンスタンドで燃料を満タンの状態にし、料金を支払った後に領収書を発行してもらわなければなりません。給油を忘れた状態で車を返すこともできますが、その際は燃料代を支払わなければなりません。この燃料代はガソリンスタンドで給油した場合の燃料代より高額な場合が殆どなので、余計な出費をしないように、車を返す際は必ずガソリンスタンドに寄って給油しておきましょう。
給油終了後、返却を行う営業所に到着したら、営業所のスタッフに車を返しに来た旨を伝えます。そして、スタッフとともに車のチェックを行った後、追加料金が発生している場合にその支払いを終えれば返却が完了となります。このとき、借りた車にキズがあったり異常が見つかった場合は、修理代金を請求されることがあるので注意が必要です。
なお、返す予定となっている時間に車を返せそうにないときは、営業所に何も伝えないままでいると違約金を支払わなければならなくなる可能性があるので、早めに営業所に連絡をしてその旨を伝えておきましょう。

使用中に注意すること

旅先でレンタカーを借りてドライブをする場合、通常であればインターネットか予約センターへの電話によって、数日前までに予約を済ませておく必要があります。ただし、会社によっては、当日使用する時間の30分前から数時間前程度であれば、十分に予約にも対応してもらえる場合があります。
当日実際に営業所に出向いて車を借りる際の手続きですが、運転する人全員の運転免許証を提示するとともに、所定の料金を支払います。この料金としては、いわゆる基本料金のほか、乗り捨て手数料やその他のオプション料金が該当します。
スタッフから約款などの簡単な説明を受けると、車のキーを渡されますので、あとは時間がくるまで自由にドライブを楽しむことができます。借りている最中の車の駐車料金、高速道路の利用料金などは、基本的には自己負担となるほか、複数の日数にわたって借りるという場合については、朝出かける際の点検なども借りた人の義務となります。
また、事故を起こしてしまった場合にも、借りた人が損害賠償責任を負いますが、そのようなときに備えて、基本料金のなかには自動車保険の保険料分が含まれているのが普通ですので、すみやかに会社に連絡をして、指示を受けることが大切です。
また、車の返却の際には、使用したガソリンについても自己負担となりますので、距離数分の燃料代を会社に別途支払うか、または直前にガソリンスタンドで満タンにしておくことに注意が必要です。

かかる費用と乗り捨て料金

旅行をするとき、混雑した高速道路をずっと運転するのは疲れるし、時間もかかるし、いいことはほとんどありませんが、旅先では交通の手段も限られているので、車があると便利です。
そこで、目的地についてからレンタカーを借りれば一石二鳥ですが、費用も掛かるので、メリットとデメリットの比較が必要です。
かかる費用は、まず車種別の基本料と、任意加入の保険料があります。保険の加入は任意ですが、比較的低額で、普段から乗っている車ではないのでかけておくと安心です。
基本料は、車種のほか、夏休みやゴールデンウィークなどの繁忙期は、普段と料金が違う場合もあるので必ず確認しましょう。
最近では、ETC車載器やカーナビゲーションはオプションではなく標準搭載になっていることも多いですが、乗り捨てをする場合はオプション料金が必要です。車を借りた場所と返す場所を変えることを乗り捨てといい、帰り道に便利な場所で返却をすることで、時間や帰りの交通費の節約ができます。
帰りの返却場所を行きの借りた場所と変えるためには、事前の申し込みをしたうえで、どこでも好きな場所に置いていけるわけではないので、借りる手続きの間には決めておく必要があります。

予約手続きの流れについて

旅行などで滞在地での移動を車を使って行いたい場合に便利なのがレンタカーですが、実際に車を借りる際はどのような流れで進められていくのでしょうか。
予約手続きを行う際は、車の使用期間、出発地とする営業所、借りる車両、使用するオプション、料金の支払方法などを事前に決めておきます。このとき、借りる車両についてはその車両が空車になっている可能性も考慮して、いくつか候補を決めておくと良いでしょう。
事前に決めるべきことを全て決めたら、電話かインターネットを利用して予約の手続きを行います。電話で行う場合は店員に対して事前に決めておいた事項についてきちんと伝え、インターネットを利用する場合は必要事項を漏れ無く入力していきます。全ての情報を伝達もしくは送信し終えたら作業は終了です。なお、業者によっては概算での料金見積もりを表示してくれることがあるので、その結果を見て車両やオプションの内容を見直すのも良い方法です。
出発日を迎えたら、運転免許証や住所確認書類を持参して出発地に指定した営業所へ向かいます。そして、営業所内で賃貸契約の締結と料金の支払いを終え、店員とともに借りる車両についてのチェックを行ったら準備完了となり、出発することができます。

現地でレンタカーを借りよう!

ドライブ好き、自動車好きの方々はどうしても愛車で自宅から旅先まで全ての行程をマイカーに拘る方が多いですが、かなり遠方への旅行においては、同乗する人の気持ちも考えると、やはり新幹線や特急、飛行機などの高速移動手段を活用して、目的地周辺での機動力を確保するためにレンタカーを活用することがお勧めです。最近はこうした鉄道などに現地でのレンタカーがセットになった商品が数多く設定されていますし、旅行とのパック商品でなくても、切符だけとのセットでさえ割引になることも多々あります。また、旅行ではどうしてもゆったりとしたファミリーカーが求められたり、逆にできるだけコンパクトな自動車が求められたりと、日常の自分の価値観で選んだ自動車とは異なる車種が必要とされる場面が多いですが、こうした一時的なニーズにもレンタカーは充分に答えてくれます。旅行の行程中、全ての時間を借りるのではなく、カーシェアリングなどを活用して、本当に必要なときだけ限定的にレンタルするという手段も非常に有効でリーズナブルです。最近は自動車離れが進む若者が増えていますが、若者の旅行においてはこうしたレンタルやカーシェアリングといった新しい方法が重宝されているそうです。

予約から下船までの流れについて

長距離のドライブというものは疲れるものです。そうした遠方に行く場合に利用したいのがフェリーです。指定の港でフェリーに乗れば、後は愛車ごと目的地まで運んでくれます。
フェリーはスケジュールが決まっているため、乗る前に予約する必要があります。フェリーの予約は、フェリー会社のHPで出航の2か月前から受け付けてくれます。出航時の注意ですが、フェリーの乗船手続きには時間がかかることがあります。そのため、出航の1~2時間前には到着していることが大切です。年末年始やお盆などは混雑するため、あまり到着が遅いと乗船できない場合があるからです。乗船の順番になったら係員の誘導に従って、車を車両甲板の指定された場所に停車させます。なお、フェリーが出航すると到着まで車に戻れないので、貴重品などは忘れずに持っていきましょう。
乗船後は船室でゆったり過ごしたり、船内の食堂や売店を見て回るなどしてフェリーを楽しむのが一番です。時間帯によっては、フェリーのデッキで日没や日の出も見ることができます。目的の港到着の30分前になると、船内放送が流れます。フェリーが港に着いたら、係員の指示に従って車両甲板へ向かいます。順番がきたら車をゆっくり発進させて、フェリーを下船します。このように、ゆったりと休みながら目的地に着けるのが、フェリーの魅力です。

乗船にかかる費用は?

車で本州から北海道もしくは九州までドライブする場合は、途中で車をフェリーにのせて海上を移動しなければなりませんが、このとき乗客は旅客運賃に加えて、自動車航送運賃と呼ばれる費用を支払うことになります。
多くのフェリーには船室に特等、1等、2等などの等級が付けられており、フェリー乗船時の旅客運賃は利用する船室の等級によって異なります。船室は2等より1等、1等より特等の方が質が高いですが、運賃もこの質の高さに応じてかわります。
一方、自動車航送運賃は、乗客が車を乗船させる場合に支払うことになる運賃で、金額は自動車検査証に記載されている車両の長さによって決まっている場合と、車両の長さに関係なく定額運賃になっている場合があります。自動車航送運賃が発生する場合は、1台分の航送運賃に運転者1名分の2等船室運賃が含まれる仕組みになっています。そのため、2人以上が1台の車で旅行をしている場合、2等船室を利用する場合は、車両1台分の自動車航送運賃と運転者以外の人数分の旅客運賃を用意すれば良いことになります。また、2等以外の等級の船室を利用する場合は、運転者以外はその等級の旅客運賃をそのまま支払い、運転者は2等船室の旅客運賃との差額を支払うことになります。

フェリーってどうやって利用するの?

愛車を離島に持って行って、そこでドライブを楽しみたいと思うこともあるでしょう。
その場合は、フェリーなどに車を乗せて島まで運ぶ必要がありますが、この船に車を乗せる料金が無料だと思ってる人もいるので注意しなければなりません。
フェリーに車を乗せる料金は、無料ではなく有料です。
船会社によって、また移動距離によって、あるいは車の重量や長さによって料金はことなりますが、ともかく船に乗せて運搬するために料金が必要となります。
離島で愛車を走らせたいと思ってる人は、まずこの点を覚えておくようにしてください。
また、お金がかかること以外に注意したい点として、手続が二つ必要になるということがあります。
一つの手続は本人が乗船するための手続ですが、これは座席を予約したり切符を購入したりする必要があります。
もう一つは、車を船に乗せるための手続です。
これは当日では間に合わないことが多いのえ、何日も前から希望日に積載できるように予約をとっておかなければなりません。
本人の乗船手続き、車の積み込み予約、この二つの手続が必要になることも覚えておいてください。
両方の手続ができたら後は船に車を乗せるだけですが、航海中に車上荒らしに遭わないように、防犯対策を行っておくことも怠らないようにしましょう。

フェリーを利用して愛車と自分に休息を

 

ドライブや旅行などで長距離の運転をする時、予めルートを調べておく方も多いと思います。ずっと運転したまま、というのも楽しいですが、利用可能であればフェリーを利用するという手もあります。
ずっと乗ったままというのはドライバーの方はもちろん一緒に乗っている方もかなり疲れますし、疲れてきたときに都合良く休憩できるポイントがあるとは限りません。また長時間の運転は車にも負担がかかります。
一方フェリーを使えば、一度乗ってしまえば勝手に動いてくれますし、ドライバーの方には絶好の休息ポイントになりますし、車を休める事も出来て一石二鳥と言えます。船の中や乗り場には売店や食堂もありますので、うまく計画を立てれば食事時間を節約できるというメリットもあります。
また日常生活で船に乗る機会はなかなかないので、旅行の思い出としてもいいものです。
例えば神奈川から千葉に行くときに、行きはアクアラインを使い、帰りはカーフェリーを使うというのもいいでしょう。アクアラインを走ったという事と、船に乗ったという2つの思い出づくりが可能になります。
ただし、天候によっては欠航となったり、出航しても揺れがひどいというケースも考えられます。また船酔いのリスクもありますので、そこは注意が必要です。