使用中に注意すること

旅先でレンタカーを借りてドライブをする場合、通常であればインターネットか予約センターへの電話によって、数日前までに予約を済ませておく必要があります。ただし、会社によっては、当日使用する時間の30分前から数時間前程度であれば、十分に予約にも対応してもらえる場合があります。
当日実際に営業所に出向いて車を借りる際の手続きですが、運転する人全員の運転免許証を提示するとともに、所定の料金を支払います。この料金としては、いわゆる基本料金のほか、乗り捨て手数料やその他のオプション料金が該当します。
スタッフから約款などの簡単な説明を受けると、車のキーを渡されますので、あとは時間がくるまで自由にドライブを楽しむことができます。借りている最中の車の駐車料金、高速道路の利用料金などは、基本的には自己負担となるほか、複数の日数にわたって借りるという場合については、朝出かける際の点検なども借りた人の義務となります。
また、事故を起こしてしまった場合にも、借りた人が損害賠償責任を負いますが、そのようなときに備えて、基本料金のなかには自動車保険の保険料分が含まれているのが普通ですので、すみやかに会社に連絡をして、指示を受けることが大切です。
また、車の返却の際には、使用したガソリンについても自己負担となりますので、距離数分の燃料代を会社に別途支払うか、または直前にガソリンスタンドで満タンにしておくことに注意が必要です。

Comments are closed.